スポンサーサイト

  • 2015.06.08 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ピンチの裏側

    • 2008.02.14 Thursday
    • 19:04
    先日、ある大手のレストランで牡蠣フライを食べてたら、カッターナイフのような牡蠣の殻が入っていた。ちょっと間違えれば、ざっくり口の中を切るところだった。ウエイトレスさんに言ったら、代わりを持ってきますと、牡蠣を全部調べるように言ったが、店長が来るでもなし、ほったらかされてしまった。爆発しそうな怒りを抑えて、帰ろうとレジに言ったら、お金は要りませんと、ただめし食べるためにいちゃもんつけたような扱いに、とうとう本社の社長に直訴した。「社員に注意をしても責めるなと、すべては社長が悪いと」私が一目置いていた社長、速達でお詫びの手紙が送られてきた。社員の不手際は全て私が悪いと社長。ピンチをチャンスに変えるすべを知ってらっしゃる。さすがだ。また行ってもいいかと言う気持ちになる。今日、うどん屋さんで、お店の人が、お客さんにうどんの熱いのをこぼして、股のあたりを、やけどさせた。氷を持ってきて冷やしてくださいと対応していたが、このピンチ、大きなチャンスがあることに気づいただろうか。下手をすればもう二度とこなくなる。住所と名前を聞いて対処をすれば、誠心誠意対応すればお店のファンになるのだが。ピンチの裏側には、必ずチャンスがあるのだが。うどん屋さんは気がついただろうか。

    スポンサーサイト

    • 2015.06.08 Monday
    • 19:04
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      よしきさん、初めまして。
      昨年の夏に よしきさんの詩「ピンチの裏側」を知り、
      ”感動”を頂いた者です。あの佐賀北高校球児には感動と興奮をさせてもらいました。
      そして、素晴らしい詩に出会え、山本よしきさんを知ることができたことに感謝しています。
      今、高校1年生の我が子の気持ちがつかめず、苦しい毎日ですが、よしきさんの詩「ピンチの裏側」をかみしめ、踏ん張っています。
      今日、このブログを知り、どうしても一言書かずにはいられませんでした。また 寄らせてくださいね。


      • ryou
      • 2008/02/17 9:06 PM
      ryouさんへ
      ありがとうございます。
      もうすぐの 春が微笑む ふきのとう
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      ホームページ

      詩人・山本よしき公式ホームページはこちらです。

      selected entries

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM